クラウド型インターネットFAXサービス『TransFax』は、導入実績2,000社以上の企業向けFAXソリューションです。

クラウドFAX送信サービスの送信方法

お客様の環境や用途にあわせて送信方法を選択

お客様のご利用環境や用途にあわせてFAX送信環境を構築できるよう、
接続方式としてメール/SOAP/FTPの3つのインターフェイスをご用意しています。


メール送信

FAX送信したい文書を添付してメール送信することで、FAX送信を行うことができます。FAXサーバーなどの専用設備は一切不要です。
この接続方式は多くのパートナー企業のプロダクトに採用されておりますので、容易にメールの作成から送信までが実現できます。

メールでのFAX送信例
メールでのFAX送信例
こんなお客様に有効
  • 手軽にクラウドFAXサービスを利用したい
  • 既存の基幹システムや帳票ソリューションと連携して自動でFAX送信したい。

SOAP

HTTPSプロトコルを用いて、SOAP接続することでFAX送信を行うことができます。
社内メール環境への負荷が懸念される場合や、メール環境を外部にアウトソースしている場合などに非常に有効な接続手段となります。
SSL証明書を使ったHTTPS通信により、セキュアな接続が実現できるというメリットもあります。

SOAPでのFAX送信例
SOAPでのFAX送信例
  • TransFaxのクラウドにSOAPで接続
  • 送信結果だけではなく途中経過も含めたスタースを取得可能
  • SOAP接続用のAPI(JAVA、.NET)サンプルを無償で提供 ※他の開発言語でも実装可能
  • HTTPS接続+ログイン認証によるセキュアな接続
こんなお客様に有効
  • メール環境の負荷が懸念される
  • 送信途中の経過スタースも取得したい

FTP

FAXネットワーク内指定FTPサイトへFTPで接続しFAX送信を行うことができます。
ファイル転送プロトコルによりFAXネットワークへの接続をトレースすることができます。
FTPSによるセキュリティ確保も可能です。

FTPでのFAX送信例
FTPでのFAX送信例
  • FTPSを利用することでセキュアな送信が可能
  • 送信先FAX番号はファイル名で指定するだけ
こんなお客様に有効
  • 大量のFAXをバッチ送信(予約実行)したい

クラウド型FAXサービスTransFaxのメリット 詳しくはこちら