クラウド型インターネットFAXサービス『TransFax』は、導入実績2,000社以上の企業向けFAXソリューションです。

オプション製品(FaxMaster Lite)

FaxMaster Lite – FAX送信結果管理ソフトウエア –

クラウドFAX送信サービスのオプションとして、TransFaxの全FAX送信インターフェイスに対応したFAX送信結果管理ソフトウェア『FaxMater Lite』をご提供しております。
FaxMaster Liteを導入すれば、ブラウザでFAX送信結果の確認・管理ができます。
お客様環境に導入頂くことができるサーバ型ソフトウェアですので、FAXネットワーク側ではなく自社環境でFAX送信データを保管・管理することが可能です。


FAX送信結果の管理と処理

送信結果一覧画面
送信結果一覧画面

画面管理

  • 結果履歴の一覧表示(日付ごとにフォルダ作成)
  • すべての項目で検索可能
  • 一覧表示・検索項目を自由にレイアウト
  • 取引先情報(社名、電話番号等)の紐付け機能
  • メモ入力機能(例:郵送したので再送不要など)

処理

  • FAX番号を変更して再送信
  • 失敗FAXの一括再送信
  • 失敗FAXの一括印刷
  • 送信結果一覧をCSVエクスポート

管理機能とセキュリティ

ログイン画面
ログイン画面

セキュリティ

  • イントラネット環境で利用(ID/パスワード不正利用防止)
  • IPアドレスでのアクセス制限可能
  • 不正ログイン防止機能(一定回数失敗時のIDロック)
  • 結果取得、再送信の外部接続はSSLで暗号化
  • 送信済FAX文書は自社サイトで保管・管理(機密情報漏洩の防止)
ユーザー権限設定
ユーザー権限設定

ユーザー権限設定

  • 許可権限ログイン管理(履歴削除、再送、PDF閲覧、PDF印刷)
  • パスワード設定管理(定期的なパスワード変更可能)
  • 閲覧フィルタ設定(担当者ID毎/拠点毎の履歴のみ閲覧)
  • FAX送信結果情報データ・その他ログの定期的な自動削除設定
  • 送信結果のメール通知設定
管理画面
管理画面
メール設定画面
メール設定画面

管理画面

  • FAX送信結果情報データ・その他ログの定期的な自動削除設定
  • 送信結果のメール通知設定

導入環境

FaxMaster Liteは、お客様環境内の端末にインストール頂くサーバ型ソフトウェアです。

項目 推奨
インストール
  • FaxMaster Lite
  • PostgreSQL Ver.10
  • PostgreSQL Ver.11
  • Apache HTTP Server Ver.2.4 以上
  • Apache Tomcat Ver.9.0
  • .NET Framework 4.5以上
対応OS
  • Microsoft Windows Server 2016 Standard (64bit)
  • Microsoft Windows Server 2019 (64bit)
DB
  • PostgreSQL Ver.10
  • PostgreSQL Ver.11
メモリ 8GB以上(推奨)
※ 別途FAX処理量に応じた容量の確保を考慮願います。
最小HDD 250GB以上
※ 別途FAX処理量に応じた容量の確保を考慮願います。
利用ブラウザ Google Chrome,Microsoft Edge
その他
  • POP3に対応したメールサーバ
  • OpenJava Ver.12
  • SOAP(Port:443)による外部接続可能な環境
クライアント
  • FaxMaster Liteサーバにアクセスできるネットワーク環境
  • 他FAX文書ファイルを開くために必要なアプリケーション

導入費用

FaxMaster Liteは、お客様環境内の端末にインストール頂くサーバ型ソフトウェアです。

サーバーライセンス

300,000
/サーバ
FaxMaster Liteをインストールするハードウェア費用、インストール作業費用は含みません。

クライアントライセンス

無し

ソフトウェア年次保守

45,000
/ライセンス/年
FaxMaster Lite年次保守費用は、初年度の納品日から発生します。

セキュリティオプション

100,000
/サーバ
メール限定オプションの電子メールパスワード付きPDFのパスワード解除機能。

クラウド型FAXサービスTransFaxのメリット 詳しくはこちら