クラウド型インターネットFAXサービス『TransFax』は、導入実績2,000社以上の企業向けFAXソリューションです。

様々なご利用シーン

EDI未対応のサプライヤー向けにFAXに対応した企業間取引きの仕組みを低コストで構築

課題例

資材部での購買業務の場合

  • A社様の資材部では、EDI未対応の小規模サプライヤーが多く、FAXによる企業間取引が中心。
  • FAX送信を手動で行うのは手間がかかり、かといってFAXサーバ(FAXシステム)を構築するのにもコストがかかる。
  • 課題はあるが、業務の効率化には手つかずの状況。
TransFaxで解決
  • 自社の調達システムと『TransFax』を連携させることで、SCMの仕組みを構築。
  • FAXサーバとくらべて初期構築と運用のコストをおさえられた。
  • 更に、発注業務にかかる時間短縮にもつながった。

書類印刷・封入・投函作業をなくし、業務負荷とコストを低減

課題例

経理部での会計業務の場合

  • B社様の経理部部は、取引先への『支払通知書』『支払残高確認書』を郵送していた。
  • 郵送の場合、会計システムからの帳票出力・印刷・封入・投函までの作業負荷が非常に高い。
TransFaxで解決
  • 自社の会計システムと『TransFax』を連携して、会計システムからFAX送信までをシームレスに実行する仕組みを構築。
  • 月1度の業務ピークにあわせた回線やサーバ、モデムを用意することなく、発送業務にかかる労力や郵送費用を削減できた。

FAX業務のピーク時間帯も、ストレスなく大量のFAXを送受信

課題例

物流部での倉庫業務の場合

  • C社様の物流部では、運送業者や倉庫へ「出荷指示書」や「入出庫指示書」をFAXで送受信していた。
  • 物流でのFAX業務は特定の時間帯に送受信が集中することが多く、ピーク時間帯にはFAX回線不足により出荷遅れが発生することがあった。
TransFaxで解決
  • クラウド型FAXサービス『TransFax』を導入することで、大量のFAXもスピーディーに送受信することが可能に。
  • 出荷遅れなどの問題も解消された。

クラウド化によるBCP対策により、業務停止リスクを削減

課題例

通販部門での受注処理の場合

  • D社様の通販部門では、お客様からFAXで注文を受け付けていた。
  • 複合機の故障や法令計画停電によりFAXの受信ができなくなる問題が発生することがあった。
TransFaxで解決
  • クラウド型FAXサービスの『TransFax』を導入することで、無停止での運用が可能になった。
  • 設備がクラウド化されているため、BCP対策にもなった。

勤怠表FAXの紛失やデータの入力ミスを軽減

課題例

人事部門での勤怠管理の場合

  • アウトソーシング会社のE社様では、FAXで勤怠表を受け付けていた。
  • FAXを担当者が手作業で処理するため、FAXの紛失やデータの入力ミスなどが度々発生していた。
TransFaxで解決
  • 勤怠管理システムを『TransFax』と連携させ、FAXを電子化することでペーパーレス化に成功。
  • また、入力支援システムと連携させてデータ入力の負荷を大幅に軽減した。

クラウド型FAXサービスTransFaxのメリット 詳しくはこちら